ブログ

越特の日々

中学部1グループ 総合的な学習の時間 「リモート社会体験学習 イオンモール春日部」

 イオンモール春日部を訪問して、社会体験学習を行う予定でしたが、感染症予防のため学校にてリモートインタビューを行いました。今回は「持続可能な開発目標(SDGs)」をテーマに、イオンでのSDGs活動を聞いたり、生徒自身が行っているSDGs活動の紹介などを行ったりしました。また、「イオンでこんなものがあると便利!」という、生徒の目線で考えた便利グッズや、ポスターの紹介などを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学部3グループ 総合的な学習の時間 「こしがやマップを作ろう」

 事前学習でipadの使い方を学習し、校内マップ作りに取り組んでいます。

バスが止まっている場所、虫が捕まえられる場所、隠れスポットなど、生徒それぞれが自分のお気に入りポイントを見つけて、マップにしています。


 

 

 

 


 

 

 

 

 

訪問授業の様子

夏休み明けもそれぞれの学習に取り組んでいます。

ハンバーグ屋さんでオーダーを受けています。

「なににしようかな?」

「ハイ、チーズ!」のかけ声に合わせて、写真を撮る練習をしています!

 

中学部2グループ 総合的な学習の時間 「Zoomどろけい」

 事前学習で、校内で普段使用している特別教室(音楽室、体育館等)の目印になるものを撮影しました。その写真をもとに、けいさつ役はどろぼう役の友達の背景に映るドアの色や、掲示物等から場所を予想し、どろぼうを捕まえる活動を行っています。また、話し合い活動でルールを新しく作ったり、考えたルールを改善したりしながら2グループオリジナルの「Zoomどろけい」を作っています。


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

高等部1学年 学年活動の様子

9月3日(金)夏休み明け初の学年活動を行いました。一緒に活動をしていくチームの名前を考えました。

お互いの意見を尊重し合いながら、それぞれの色がでたチーム名を決めることができました。

 

小学部5グループ授業紹介「そざい」

 そざいの授業では、オリジナルのカバンづくりに取り組みました。ローラーを使って、手元を見ながら手を動かしたり、教員と一緒に手を動かしたりしながら模様をつけていきました。みんなそれぞれ完成した作品を見て満足気でした。

訪問教育の授業の様子

 スクーリング(8月27日)でプールに入ったよ!

☆先日2年ぶりに、学校のプールに入りました。交流グループ12G.13Gと

一緒のプールサイドで、小さいプールに入りました。大きなプールから、友だちが

挨拶してくれたり、ジャグジーにも入ったりして満喫しました。

   

 

小学部1グループ授業紹介「そざい」

 そざいの授業では絵の具の感触を変えて、手足で感触遊びをしました。塩を入れると「ざらざらする!」とびっくりしていました。みんなそれぞれ好きな感触を見つけて活動に取り組んでいました。

 

マスクをつけられませんカードと缶バッチ(草加市作成)がニュースで紹介されました

草加市在住の本校保護者が、エピソードを交えて作成するに至った経緯について、インタビューで説明されました。

 
【草加市で作成された理解支援のためのカードと缶バッチ】

ニュースでは、「暑くなる前に必要な方に配布していく」と草加市長さんのコメントと共にやむを得ない事情によりマスクをつけられない方や家族の方々の思いや願いが紹介されました。

草加市のHPには、意思表示カードが6種類紹介されており、非営利目的に限りだれでも使用できるようになっています。

(関連するリンク)

草加市のHP

http://www.city.soka.saitama.jp/

厚生労働省のHP「マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について」

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14297.html

高等部 1学年交流会

7月20日(火)、高等部1学年で学年交流会を行いました。午前中は学年のシンボルとなる団旗を協力して作り上げました。

午後は友だちクイズを行いお互いを知って交流を深めることができました。

普段関りの少ないグループの友だちとも沢山関り、学年の団結力が高まりました。これからの高等部での学びを仲間と一緒に築いていくための良い1日となりました。

 

訪問教育の授業の様子

夏休みとなりましたが、7月の授業の様子を紹介します。

スクーリングでの学習の様子です。交流グループの友達と音楽や、そざいの学習をしました。いつもと異なる場所でも、友達と一緒に一生懸命学習することができました。

   

高等部1G、2G社会体験

 7月16日(金)に高等部1G,2Gは越谷レイクタウンのヴィラ・デ・マリアージュという結婚式場に行ってきました。冠婚葬祭等のマナー学習の一環として、披露宴会場の見学や、チャペルの見学を行いました。結婚式についていろいろ質問をして、スタッフの方に丁寧にお答えしていただきました。とても勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

寄宿舎の活動紹介 7月後半 舎生活の様子

 前期の舎生活が終了しました。7月で利用が終了する舎生と、7月から利用が始まった舎生を交えて、部屋ごとにお別れ会兼歓迎会を行いました。夜のお茶会でお菓子を食べたり、部屋で音楽会を行ったりと、普段とはまた違った舎生活を送っています。

【お知らせ】7月20日(火)に、寮だより7月号をアップロードしました。ぜひご覧ください。 

 

小学部2グループ 国語

国語では、「あーといってよあー」の本を用いていろいろな「あー」を学習しています。近くで聞こえる「あー」、遠くで聞こえる「あー」。他にも、口をたたいて「あわわわわ」、胸をたたいて「あわわわわ」。言葉の合間に声が出たり、笑ったり、声を出す教員を見たり、どこから声が聞こえるのかきょろきょろしたり、動きを止めてみたり。しっかり聞いて自分なりの表現をしています。

 

中学部 訪問グループ 

 訪問の生徒も授業を頑張っています。スクーリングでお友達と一緒に授業に参加したり、リモートで学校探検を行ったり、お誕生日会を行ったり、ひとりひとりがとても良い表情で活動することができました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄宿舎の活動紹介 7月5日~7日の様子

 7月5日(月)は“若竹プロジェクト”というアイドル発掘オーディションが開催されました。ダンスや漫談など舎生それぞれが持っている個性を十分に発揮することができた素敵な時間でした。(写真①②)

 7月7日は七夕の会がありました。職員の寸劇鑑賞後は、七夕にちなんだクイズ大会があり、行事や慣習への理解を深めました。(写真③④)

 

中学部 工藤慧大さんが聖火ランナーとして活躍しました!

7月7日(水)、東京2020オリンピックの聖火リレーにランナーとして、中学部 2年生の工藤慧大さんが活躍されました!

第2区間の最後の走者として、緊張した様子を見せながらも無事完走することができました!

走っている様子はNHKや東京オリンピックの公式HPで中継され、学校でも多くの生徒が視聴してエールを送りました。

走っている様子を下記URL(もしくはQRコード)にアクセスいただくと、映像で見ることができます。ぜひご覧ください!

https://sports.nhk.or.jp/olympic/torch/runners/6vevcnfl/

 

~完走後のインタビュー~

Q:聖火ランナーとして走った感想をお願いします。

慧大さん「やっぱり、聖火ランナーとして走るのは、すごく気持ちのいいことだなと思いました。」

 

Q:走ることで伝えたかったメッセージはありますか?

慧大さん「まず、車いすでも何でもできるんだよってことを伝えたかったです。」

 

Q:お母様と一緒に聖火ランナーを務めて、どのように感じましたか。

慧大さん「安心しました。」

 

Q:これからの夢や目標を教えてください。

慧大さん「具体的には無いのですが、人の役に立つことができたらなと思います。」

 

 

 

ー追記ー

7月20日 (火)発行の埼玉新聞で聖火ランナーの一覧がカラーで掲載されました!