ブログ

こしとくの日々

小7グループ「国語・算数」

小7グループでは、国語・算数の学習を毎日頑張っています。

足し算の学習に取り組む児童、弁別課題に取り組む児童、ひらがな入力に取り組む児童など、一人一人がそれぞれの課題に取り組んでいます。

「できました!」「分かった!」という声が飛び交っています。みんなの頑張る姿がキラキラ輝いています。

 

小14グループ「生活」

「冬を元気に過ごそう」を目指して、

よく寝て、よく食べ『体を温めて』をテーマに、今回は足湯体験をしました。

『もりのおふろ』の絵本を見た後は、森林の香りがただよう、「越谷の湯」に入湯し、冷えた体を温める事の大切さを実感しました。

その後の授業も頑張れました。      

 

寄宿舎の活動紹介 節分の会

 2月14日(水)に節分の会を行いました。節分の振り返りをし、落花生を入れる鬼の箱作りをしました。「目は、どうしようかな?」「これでいいかな?」と考えながら作っていました。個性ある鬼の顔ができあがりました。その後、寄宿舎内に貼られている鬼に扮した職員のポスターとじゃんけんをし、勝って落花生をゲットするゲームをしました。ゲットした落花生を作った鬼の箱に入れていました。じゃんけんになかなか勝てずに悔しがる舎生、連勝できたと喜ぶ舎生、色々な姿が見られました。最後はゲットできた落花生を発表し、盛り上がりを見せ終わりました。

 

高等部類型Ⅰ Ⅱ授業の紹介

「産業社会と人間」の授業をご紹介します。

・プレゼン対決(1,2年生 VS 3年生) 

 テーマは「自立とは何か」。校長先生や教頭先生などに投票していただき、3年生の勝利となりました。1,2年生の発表もとても立派でした。自分でできることは自分でやる、と発表した後は、教室では黒板消しなど自主的な係活動が増えました。

 

 

 

 

 

 

 ・主権者教育(選挙)

 選挙についての講義を聞き、また実物の投票箱を使った模擬投票を行いました。投票ができる歳になったら、今回の学習を活かして投票に行ってほしいです。