ブログ

2020年4月の記事一覧

教材紹介㉑「車いす用のテーブルの再利用」

車いすを作る際、作業用のテーブルを用意することがあります。基本的にテーブルはその車いす専用のものとなるため、新しく車いすを作る際にはかつてのテーブルが余ってしまう、ということになりがちです。今回は、そんなテーブルを再利用した例を紹介します。あらゆる発達のステージで使用することを想定しています。

 

車いす用のテーブルですが、そのほとんどが身体に合うようにカットされているため、椅子の足さえつけてしまえばそのままカットテーブルとして使用することができます。ここでは前方に2本の足を追加し、クッションチェアでも作業がしやすいようにしてあります。4本の足をつければ、ちゃぶ台になります。

 

 

足は塩化ビニールのパイプを使用しており、簡単に取り外しを行うことができます。用途や、子どもの身体に合わせて部品を組み合わせ、高さを調整していきます。

 

 

 

 

 

 

なお、土台につけている塩ビパイプのパーツが直径約46ミリで、市販されている45ミリや50ミリの面取りドリルでは合いません。そのため、45ミリのドリルで土台用の木(百円均一の店のMDF材を重ねたもの)に穴を開け、そこに電動糸鋸の刃を通して1ミリ分ほど拡張しています。

 (本校特別支援教育コーディネーター)